· 

ラジオ体操のスピード

Q)ラジオ体操が早すぎて、ついていけない人がいます。その為、ラジオ体操をやめてしまう人もいます。そのような人のために、今までよりゆっくりやるラジオ体操があればいいと思います。また、ゆとりがなくて。先生の言うことが聞こえないこともあります。

A)

ラジオ体操の実践有り難うございます。

ラジオ体操は終始「力まず」「ゆったりと」と行うことに配慮した体操です。人間の心臓の鼓動は50~70拍/分台です。ラジオ体操もこの点を配慮して作成されています。ラジオ体操第一では、90~100拍/分台の範囲で行われ、全身の血液の流れを20~30%程度高める役割を果たしています。

急激に体の速度を速めることは健康上避けるべきであり、20~30%の脈拍増に止めています。

以上が一般的なラジオ体操の基本ですが、速度は決まっておりませんので、みなさんがやりやすい速さで大丈夫だと思います。

また、みんなの体操は、加齢等により衰えた部分を補うことを考慮した動作で構成し、幅広い対象者が体操しやすい、動きに合わせたテンポとすることを加味していますので、みんなの体操を行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

回答:事務局

NPO法人 全国ラジオ体操連盟 事務局

〒105-0001 

東京都 港区 虎ノ門1丁目11-2

虎ノ門平和ビル3階

TEL:03-3502-4791

FAX:03-3502-4704